熊本競輪開設67周年記念GⅢ「火の国杯争奪戦」in久留米

熊本競輪開設67周年記念GⅢ「火の国杯争奪戦in久留米」(優勝賞金360万円)は19日、久留米競輪場で開幕。メインの特別選抜予選3レースは浅井康太、吉沢純平、中川誠一郎が先勝した。きょう2日目は12R「火の鳥賞」をメインに二次予選6レースが行われる。その12Rは北津留を目標に2段駆けが予想される〝地元〟中川を中心に深谷―浅井の中部勢、吉沢―武田の茨城勢で熱戦が繰り広げられる。

2日目優秀12R レース展望

❶浅井康太 ❷武田豊樹 ❸中川誠一郎
❹北津留翼 ❺深谷知広 ❻新井秀明
❼吉沢純平 ❽萩原孝之 ❾堤洋
(発走予定16:35 電投締切16:32)
並び予想❹❸⑥❺①⑨❼②⑧

北津留に中川(=写真)―新井、深谷に浅井―堤、吉沢には武田―萩原で追走する3分戦だ。九州の先頭を任された北津留が発進の構え。深谷、吉沢の動きを見すえ中川が番手まくりだ。中川マークは新井だが、深谷―浅井が力で対抗格。❸=❶、❸=❺、❸❻。深谷も完全復活。北津留と吉沢でもがき合うと中部コンビの❶=❺。むろん弟子の吉沢を追う武田も圏内の激戦区だ。

❶浅井康太 自分でやる競走になったけど流れには対応できたと思う。深谷の番手にしっかりついて。
❷武田豊樹 初日は走路も重く感じた。腰回りはまだ違和感がある。少しずつ良くしたい。吉沢へ。
❸中川誠一郎 深谷君が連れていってくれた。ボクの感じも上向き。九州で話して北津留の番手。
❹北津留翼 まだ完調とは言えない。松川君が頑張った。左肩はまだ痛みが残ってる。九州の先頭。
❺深谷知広 車も出たし、引き続き状態は悪くない。浅井さんと決められるよう、しっかり自力。
❻新井秀明 落車もあってコースができた。恵まれました。誠一郎(中川)についていくことに専念。
❼吉沢純平 勝てたけど、反省点の多い競走だった。体調は大丈夫。武田さんの前で自力勝負する。
❽萩原孝之 コース空いたおかげで突っ込めた。優秀を走れるのは大きい。茨城コンビの後ろ。
❾堤  洋 坂本君が頑張ってくれたおかげで優秀に乗れた。空いてる中部の後ろ。集中して走る。

同期107期トリオ白星発進

○…開幕戦に抜てきされた簗田一輝、昨4Rに登場した山本紳貴、そして一次予選のトリを演じた山岸佳太の107期3人がいずれも白星発進を決めた。いずれも将来をしょく望される機動力型だが、二次予選11Rでは皮肉にも山本と山岸の両雄がぶつかる。「ともに力を出し切る自分の競走を」と真っ向勝負の構えを取るが、現状では山岸に勢いを感じる。その山岸は「107期3人がそろって初日1着。準決を走れるよう集中して戦う」とやる気を見せた。熱い走りを見守りたい。

関連記事