プリント
20210422小倉・坂上樹大②

 実績なら坂上樹大が断然の存在。今期は20年ぶりのA級暮らし。長年S級で活躍していたシャープな差し脚が影を潜めているが、そこは経験とテクニックでカバー。中部ラインで太田剛司を目標にするか、メンバー構成次第ではV候補のルーキー土生敦弘と連係して存在感を示す。