20210605別府640_120
松浦と並ぶV候補筆頭の郡司浩平
20210601郡司浩平・別府記念用

 昨年の競輪祭でGⅠを初制覇。そして今年最初のGⅠ・全日本選抜を、地元の川崎バンクで優勝した郡司浩平。ダービーは大接戦の末、松浦に敗れて準Vだったが、今年の獲得賞金は堂々の第2位。今開催も松浦と並んでV候補筆頭だ。
 
 過去2回のGⅠ優勝は松井宏佑、深谷知広の番手回りからだった。しかし、武雄記念、そしてダービーは4走とも自力勝負で奮闘。〝前がいるから勝てた〟の雑音をシャットアウトする気迫と自力での強さを示した。今年は特に準決勝での安定感が秀逸。1月松山記念、3月大垣記念、GⅡウィナーズカップ、4月川崎記念、武雄記念、5月のダービーは白星で突破し、残りの1月立川記念、2月の全日本選抜は2着。ファンにとっても、絶大の信頼を寄せられる選手に成長している。
 
 別府ではこれまでビッグヒットこそないが、今の強さと勢いを考えれば、過去の成績は参考外といっていいだろう。別府記念は過去4大会で南関勢が3回も優勝(16年岡村潤、17年田中晴基、19年松井宏佑)している不思議な大会。今年は郡司がその歴史に名を刻むかもしれない。