プリント
V戦線リード
20210611小倉・兼本将太

兼本 将太

 A級1、2班戦は117期の有望株・兼本将太の機動力がV戦線をリード。注目点は4月高知落車の影響が残っているかどうか。復帰戦の岐阜は優出こそしたが、本来のスピード地脚がやや鈍っていた。別府を欠場して臨む今回は上積みが見込めるだけに、ポテンシャルの高さで復活Vを決めたい。
 
 マークする中村健志は相変わらず安定感が抜群。番手の援護も的確だ。兼本をもり立てて直線勝負に全てを懸ける。
 
 S級実績ある小笹隼人、蓮井祐輝らがどこまで熊本コンビを苦しめるか。