ついに!! 競輪新時代に突入した。

10月2日に開幕したPIST6

 千葉競輪場跡地に建設された「TIPSTAR DOME CHIBA」で、「PIST6 Championship(ピストシックスチャンピオンシップ)」が10月2日に開幕。

 PIST6は国際基準のルールに準拠して行われる自転車競技。1レース6車(最低4車)立てで、1周250㍍の木製トラックを6周回で争われる。

 ここでは、現行の“競輪”と“PIST6”の違いに触れつつ、車券の買い方やレースの楽しみ方、選手情報、攻略法などを紹介する。

 まず競輪とPIST6の一番の大きな違いはレースのスタイル。
言うまでもなく競輪は出走選手それぞれが1着を目指す競技だが、同県や同地区などの選手同士でラインを組んで走る個人戦でありながらも団体戦の要素もあり各々が自分の仕事をしつつゴールを目指す。

 選手同士が激しくぶつかり合う競りやブロック行為などが醍醐味ではあるが、その分、落車や失格が多く高配当も頻発するまさに“ザ・ギャンブル”。

 筆者も公営4競技に加えて、カジノ、パチンコ、麻雀とほとんどのギャンブルを嗜んで?いるが、「真のギャンブラーが最後に行きつくところは競輪」と言われるほど奥が深く、初心者に敬遠されがちなのも納得だ。

 ただ、競輪に拒否反応を示していた方々に言いたい。一度、まっさらな気持ちでこの話を聞いてほしい! 開幕戦を現地で観戦したからこそ言えること、それは…

 PIST6は、競輪とは全くの別物なのだ!!


朝から晩まで競輪を楽しめるTIPSTAR 無料ダウンロードはこちら https://xfl.ag/2UhjdDx