川崎競輪見どころ

(14~16日)ミッドナイト
本社選手年齢登録班別期別決手
岡本 大嗣41東京88
植原 琢也27埼玉113
巴  直也33神奈川101
石井 毅48神奈川74
高木 翔28岩手105
棟方 次郎48青森73
新村 穣28神奈川119
(7車立て)

 今期S級から下がって安定した成績を残している岡本。1月から2月伊東までの5場所15走で確定板を外したのは2回だけ。3場所目の向日町では今年初Vをゲットした。ここでは出走中の大垣に続き、埼京同士で確かな機動力を備える植原との連係が望める。スピードを生かして出る植原をG前勝負で捉えるか。

 植原も岡本同様に今期S級からA級へ。1月前橋でVなど調子の面に不安は感じられない。タイミング良く出れば押し切って逆転のシーンも。

 地元の軸は巴だ。ホーム川崎でのVゲットなるか。基本は自力勝負だが後輩でパワーある新村穣が勝ち上がると番手でのレースも。ベテランマーカーの石井が巴の後ろだ。北日本で怖いのは底力ある高木。捲りが決まると浮上する。

(27~29日)S級戦
本社選手年齢登録班別期別決手
諸橋 愛44新潟79
佐々木悠葵26群馬115
小松崎大地39福島99
芦沢 大輔39茨城90
松坂 洋平39神奈川89
渡部 幸訓38福島89
中西 大31和歌山107
(7車立て)

 追い込み型としてトップレベルの強さを維持する諸橋が主役。確かな実力だけでなく特筆すべきは当地との相性の良さ。昨年2月GⅠ川崎全日本選抜で決勝入りし、16年7月GⅡサマーナイトFでも予選と準決を1着でクリアして決勝へ。15年4月GⅢ開設記念では現S班の吉田拓矢、平原康多との連係から優勝を手にした。ここでは上越同士で非凡なダッシュ力とスピードを持つ佐々木と連係。ピタリと続き直線勝負へ。差してVを決める。諸橋と同じく追い込み型で関東指折りのファイターである芦沢が3番手を固めればラインの厚みも断然。先頭の佐々木がしっかり出れば上位独占が決まる。

 小松崎も確かな機動力でV争いへ。2月大垣FⅠでは佐々木との対戦で今年初Vゲット。流れに乗って出れば押し切れる。後ろは福島同士の渡部になるか。鋭さに磨きを掛けて成績上昇も、1月大宮記念後は欠場が続いている。コンディション次第になるか。

 松坂は地元戦に気合。自在に攻めて浮上も。川崎がホームのガッツマーカー・東龍之介も注目したい1人だ。