前橋競輪見どころ

(23~25日)S級戦
本社選手年齢登録班別期別決手
阿竹 智史39徳島90
嘉永 泰斗24熊本113
小林 大介44群馬79
朝倉 智仁22茨城115
福島 武士36香川96
菊地 圭尚41北海道89
勝瀬 卓也45神奈川84
(7車立て)

 メンバー中で競走得点最上位の阿竹がシリーズリーダーを務める。自力でも好勝負になる機動型だが、ここは113期の成長株である嘉永を目標にできるだけに優位にレースを運べる。取手・全日本選抜では一次予選、二次予選を連勝して名前を売った嘉永が果敢に先行策。阿竹は番手でしっかり援護して勝負どころでタテに踏み込む。たとえ嘉永が後手になっても自力に転じて勝機をつかむ。ラインの3番手には福島が続く。

 逆転候補は地元戦に気合が入る小林。先行力のある115期・朝倉が好機に先制する流れなら番手有利に抜け出すシーンも十分。

 自在に攻める菊地、差し脚シャープな勝瀬は道中の位置取り次第で台頭がある。