大宮競輪見どころ

(24~26日)
本社選手年齢登録班別期別決手
北井 佑季32神奈川119
柴田功一郎45神奈川79
中井 達郎47静岡74
小沼 良50埼玉68
岡部 芳幸51福島66
渡辺 直弥25静岡113
藤田 周磨24埼玉117
(7車立て)

 南関勢の戦力が充実。中心は2班でも機動力でリードするルーキー北井だ。元Jリーガーで脚力は抜群。S級特進を狙った2月川崎はあと一歩で涙をのんだが、このクラスでは先行力が一枚上であることを証明した。徹底先行のスタイルで何度も踏み直せる地脚タイプ。首尾よく先手さえ握れば強じんな二枚腰を発揮するだろう。マークは同県の柴田。連係を外したことがあるだけに、まずは追走に集中したい。

 実力者の中井もV争いに割って入る。静岡同士の渡辺に前を任せて直線勝負に持ち込めば勝ち負け。地元勢は藤田―小沼で連係。藤田がヤングパワーを発揮して主導権を奪い返せばベテラン小沼が追い込んでくる。タイトルホルダーの岡部も存在感を示す。