【高木真備vs小野記者・車券対決(初日)】

 創刊75周年記念スポーツニッポン新聞社杯争奪戦の開催を記念して、元ガールズケイリン選手の高木真備さんと本紙予想担当の小野祐一記者による、予想バトルを行います。

 1日3000円の軍資金で3日間の収支を競い勝負。

 3月の対戦では小野記者が勝利しておりリベンジに燃える真備さんは「今回も車券対決に参加させていただけてうれしいです!!今回こそ小野記者に勝てるように頑張ります」とコメント。

 現役時代から負けず嫌いで有名だった真備さんはどのレースで勝負するのか注目だ。

 豪華賞品が当たる勝利者予想クイズを実施。

 応募方法などの詳細は、KEIRINスポニチ公式Xアカウント(https://twitter.com/sponichikeirin)で確認を。
 

車券バトル収支

名前軍資金投資額残高
高木真備900030006000
小野記者900030006000

高木真備

 今回こそ小野記者に勝てるよう頑張ります!

 スポーツニッポン新聞社杯争奪戦、3日間よろしくお願いいたします。

【12R】20:20発走

 初日は12レース特選で予想します。

 連係回数の多い岩本選手と和田選手が初日特選ということもあって少し早めでもタイミングよく仕掛けると予想。

うまくそこに乗った山田選手が伸びてきて1着まであると予想して、3車BOXにしました。

 関東ラインは菊池選手の調子があまり良くなく、思い切った走りが近況できていないのでここは千葉勢に行かれてしまい、太田選手も一緒にのまれてしまう…という予想です。

 岩本選手と和田選手の息のあった走りに期待しています!!!

<3連単>

③④⑦BOX 各500円


小野記者

 高木真備さんと2度目の車券バトルにワクワク、ドキドキの心境。前回の初対戦は今年3月の京王閣「高木真備名輪会杯&スポニチ杯」で、ガールズ6R制トーナメントだった。

 

 ガールズのレースで狙い目を挙げ3日間の収支で勝利をつかみ取ったが、会心の当たりはなし。野球で例えればポテンヒットでたまたま得点したようなもの。

 

 今回こそは取材ネタを元にバットの真芯に当てたい。

【7R】17:58発走

 本線に推した中四国コンビを狙う。

 デビューから取材している林昌幸は徹底先行のスタイルで将来性を感じていた1人。
その林が本来の調子を取り戻しているのが大きい。 

 

 松戸記念では⑧①①⑨と2勝を挙げる活躍を見せたが、その後の松阪FⅠで⑦⑦⑤と大崩れ。

「体調を崩して熱が出た」と前走福井は欠場したが「もう大丈夫。練習では元通りです」と自信の表情だった。

このメンバー構成なら林が先手を握る公算が大きく、「展開が向けば頑張れる」と話す三宅が差し脚を伸ばす中四国ワンツーが中心。

 
 怖いのは前走落車も「右臀部の擦過傷で体も自転車も大丈夫」と語る単騎の佐々木真也。

飛び付きを多用する暴れん坊も、ここはヨコの動きを封印して中団確保からの捲り追い込み。

同期の藤田周磨に付けられる番組で長考していたが、単騎戦を選択したのは勝機があると読んだからだろう。

 <3連単>

 ⑦=①-②③⑤ 各300円

 ①③⑦BOX 各200円