ニュース

【いわき平オールスター】ガールズドリーム 小林優香 手術から完全復活 ビック連覇へ 

 真夏の主役は渡さない。ガールズケイリンフェスティバル(7月15~17日、伊東)優勝で完全復活を遂げた小林優香がビッグ連覇へ自信の表情だ。昨年7月に脱臼癖がある左肩を手術。後半戦を欠場しただけに「半年間も走っていないのに(ファン投票)2位の順位を頂けた。応援してくれた人に恩返ししたい」。ファンの後押しで走れる夢舞台。感謝の気持ちを込めてペダルを踏み込む。

 ガルコレ3連覇、15年ガールズGP優勝。華々しい実績で一時代を築いた。だが、勝ち続けることが重圧になり「苦しかった」と言う。長期欠場を経て今は「楽しく走れている」。検車場では以前にも増して笑顔。自転車競技で東京五輪を目指すためシャープな体つきだが「体重ネタは今回駄目ですよ。逆算されて亮馬(坂本)さんにいじられちゃう」と笑う。今のガールズ勢力図で「私はチャレンジャー」と言い切る小林。元女王に芽生えた挑戦者の意識が自転車をさらに加速させている。

 「伊東の優勝は一つの通過点。次に向けてステップしなければならないし、ゴールではない」。こう話す姿から油断や慢心は一切ない。一回りも二回りも強さを増したガールズ最強レーサー。世界を目指す剛脚でねじ伏せ〝第2次小林時代〟の幕が開ける。