ニュース

【伊東GⅢ決勝】早坂デビュー13年目 記念初V

早坂秀悟(90期)がデビュー13年目でうれしい記念初Vを飾った。

 レースは前から新山―早坂―伏見、中団はインが太田―原田―阿竹、アウトが黒田―友定で併走。単騎の渡辺が最後方で周回を重ねる。太田が6番手に車を下げると、残り2周から新山―早坂―伏見で突っ張り先行。最終ホームは新山―早坂―伏見―黒田―友定―太田―原田―阿竹―渡辺で一本棒に。最終2角から太田がまくると早坂が併せてB番手からスパート。番手まくりした早坂が押し切りV。太田は1/2輪届かず2着に敗れた。

 歓喜のVゴールを駆け抜けた早坂は「泣くかと思ったけど、そうでもなかった(笑い)。ただただうれしい。前で頑張ってくれた新山君、後ろを回ってくれた伏見さんのおかげ」と何度も感謝の言葉を繰り返した。記念決勝は11回目。「今回(記念Vを)獲れなかったら当分チャンスはないと思っていた」。北日本ラインの先頭で風を切り続けてきたことが、新山の番手回りになり悲願の記念初Vをたぐり寄せた。

 競輪と自転車競技の両立を目指し、伊豆に生活の拠点を移して4年目。表彰式では集まったファンから「おめでとう!!」と温かい祝福の声が飛び交った。「伊東はファンが多い。伊東で勝てたこともうれしい」と笑顔を見せた早坂。今後の目標は「G1の決勝に乗って新田(祐大)や一成(渡辺)さんと走ること」。一流選手の仲間入りを果たした宮城のスプリンターは、さらなる飛躍を誓った。

 ◆的中 10日の伊東競輪最終日に発売された重勝式統一発売車券「Dokanto!7」で的中(1口)が出た。払い戻しは1億6024万8140円。