ニュース

【取手FⅠ決勝】佐伯&大瀬戸 初連係で上位独占狙う

 練習仲間の佐伯辰哉(21=広島)と大瀬戸潤一郎(36=広島)が初連係の決勝戦で上位独占を狙う。佐伯の10R準決勝は圧巻だった。先行し、吉川のまくりを自らブロックして、踏み直しての1着。「初日より感じは良かった」と力強さと余裕を見せつける内容だった。
 9R準決勝の大瀬戸も「脚に余裕があったし流れも見えていた」と前(愛敬)の動きに冷静に反応して直線で差し脚を伸ばした。大瀬戸は「佐伯君は高校生で選手を目指している頃から知っている。(決勝戦は)番手を守ることに集中」して全力を尽くす。その結果として大瀬戸のS級初優勝も十分にある。