ニュース

【名古屋GⅢ決勝】村上義 カリスマ性抜群

 準決10Rで決勝一番乗りを決めたのは村上。打鐘4コーナーで先頭に立ち、カマしてきた高橋との踏み合いに発展。一瞬は高橋が前に出て最終バック先頭通過を奪うも、そこからが村上の真骨頂。内から再度加速して高橋を突っ張り切った。そんな魂の走りにファンからも大歓声。「いいレースができました」と晴れやかな表情でその声援に応えた。

 決勝は初日、2日目に連係した山本の番手。同期成清のライン参加にも「頼もしい」と笑顔。日本選手権3冠を成し遂げた名古屋バンクで、今回もカリスマ性抜群の走りを披露だ。