ニュース

【和歌山FⅠ S級決勝】椎木尾 地元初V決める


 準決メインの11Rを制したのは地元・椎木尾だ。2角から強烈にまくった中井をゴール寸前で測ったように差し切った。「余裕はなかったが(中井を)抜けたんで良かった」と1番人気に応えてほっとした表情だった。地元の和歌山ではS級どころかA級1、2班戦でも優勝がない。「プレッシャーをかけないでください」と苦笑いしたが、中井という格好のけん引車を得たここはチャンス到来か。強豪の吉沢が立ちはだかるが、地元プラスアルファの強みを発揮したい。次走の平塚日本選手権へ向け、弾みを付ける優勝を奪う。