ニュース

【和歌山FⅠ S級決勝】矢口 徹底先行「格上の人に前を任せてもらった」

 連日、矢口大樹が力強い走りを見せている。初日は打鐘先行で2着に粘り、準決勝は後ろが競りで先行しにくい展開になったが、ホームから仕掛け柴崎の番手にはまり抜け出す好プレーだった。「記念で優勝する選手(柴崎)の強さを肌で感じることができました。連日、展開もいいし併せられてもゴールまでしっかりと踏めています」と手応えは十分。決勝戦は同じ南関の自力型の松坂の前回りとなった。「格上の人に前を任されてもらった意味を考えて走ります」と先行に徹していく構え。パワーで人気の柴崎を苦しめる。