ニュース

【和歌山GⅢ】近畿期待のルーキー・酒井 S級で真価発揮だ

 
 オープニングレースを制したのは近畿期待のルーキー・酒井だ。月森に内へ封じ込まれ苦しい展開となったが、バックで仕掛けた月森を追う形からまくり気味に強襲し勝利を飾った。
 「あそこでこられたら引けないですね。(かぶっても)冷静でした。ただラインを連れ込めなかったのは残念です」とほっとした表情の中でも反省の弁。
 昨年3月、松阪のルーキーチャンピオンレースで太田竜馬らを破って優勝。ハイレベルの109期の中でも定評の高い素材だ。S級昇級後はやや足踏み状態が続いたが「その都度、考えてレースをするようになって良くなってきました」とレース慣れに従い真価を発揮しだした。
 「1R1番車で1着、1月11日。(1並びで)6連勝ですね」と冗談も飛び出すなど緊張感は取れた。強豪相手の二次予選も力を出し切るだけだ。