ニュース

【大垣GⅢ最終日】東口 初の記念決勝進出

 和歌山のホープ・石塚は準決10Rで3着に入り初めて記念の決勝に進んだが、レース内容は納得していなかった。「カマされてはダメ。出られても郡司さんと原田さんがいるし、かぶる前にと無理やり行った。準決は逃げて3着に残らないと。力の出し惜しみをしたし決勝は出し切れるように組み立てたい」。積極駆けでレースを沸かせたい。