ニュース

【奈良GⅢ初日】永井清史「デキに自信」 12Rに登場 

  FⅠ戦とはいえ最近は見事な戦歴を残している。直近4場所で3V。本人も「感じはかなりいいです」と好調をアピールする。「20代前半の練習に戻しました。体は確かにきついけど、少しずつ身になっています」と好調の要因を語った。

 20代前半の練習――。転機となったのは昨年11月伊東(ワールドエボリューショントーナメント)。外国人相手に力の差を痛感させられた。「外国人と対等に戦いたい」。体内に脈打つアスリートの血が騒いだ。

 北京五輪ではケイリンで銅メダルに輝くなど華々しい実績を残す永井。「スピードスケートはフォームだったり参考にすることがあります」と語る。日本勢のメダルラッシュに沸く平昌五輪。金メダルを獲得した小平奈緒選手の活躍にも刺激を受けたようだ。

 特選12Rは三谷竜が相手になる。さあ、復活の快速を見よ。メダリストに刺激を受けた元メダリスト。昨年のダービー王にひと泡吹かせたい。