ニュース

【宇都宮FⅡ2日目5R】近況好調 佐々木に頼もしさ 

 宇都宮ミッドナイト初日3Rは113期のルーキー・佐々木堅次(24=福島)が快勝発進。後方から抑えられ打鐘でいったん引いたが、最終ホームからカマシて押し切った。しかも北日本3車によるライン独占。「本当は突っ張りたかったので(自己採点は)75点だけど、ラインで決められて良かった」とホッとした表情を見せた。デビュー当初はプロの洗礼を浴びたものの、近況は4場所連続決勝進出。「気持ちが弱かったのが冷静に走れるようになった」と身長1㍍64と小柄ながら実に頼もしい。準決勝(2日目5R)は同期の今井聡と対決だ。