ニュース

【平塚GⅠ】脇本 準決で快速発揮


 準決9Rの脇本雄太(29=福井)はカマシ先行を放ち、ライバル勢を沈黙させた。最終周回タイムが21秒5。上がり10秒9はめったに出ない時計だ。
 2年後の東京五輪出場を目指し、ナショナルチームに所属しており「今は競技用の体になっている。そのレーススタイルで駆けました」とスピード重視の戦法に徹したのが功を奏した。決勝戦でも準決同様の快速を発揮すれば、初のビッグタイトルが待っている。