ニュース

【平塚GI4日目】検車場ドキュメント

11:55 3Rは志智が竹内雄を差し白星をあげる。「自信をなくしかけていたけどGⅠで1着が獲れて良かった」と目を細める。

13:23 6Rは打鐘で阿竹、大塚玲が落車する。

13:59 7Rは最終4角で大槻、浜田、坂本貴、西岡の4人が転倒。大槻は再乗してゴールする。

15:20 9Rは岩本が3着。「準決に上がれないし力不足」。結果待ちの芦沢辰が準決に進出する。

15:25 1着の坂本亮は3日が誕生日。「園田さんが33歳最強説を言っているのでチャンスの年」とニヤリ。

15:53 10Rは残り1周で吉田敏が落車する。

15:58 2位入線の松浦に失格の判定が下る。

16:07 1着の中川に記者が集まる。2年ぶり2度目のダービー制覇を問われると「あれからGⅠ決勝に乗ってない。何とか突破したい」と話す。

17:02 準決のメンバーを見た山中、郡司、松谷の3人が話をする。

17:10 松谷が記者に囲まれる。「自分も自力自在でやっている。地元のGⅠは次いつあるか分からないし年齢も年齢なので。3番手は回らないと2人には伝えた」と山中の番手になった経緯を説明する。

17:18 南関3番手となった郡司は「モヤモヤした気持ちはなく3番手でも悔いはない」と笑顔で話す。

17:30 ゴールデンレーサー賞を制した浅井が長めのクールダウン。「ゴールデン?あした(準決)は金髪野郎がいるんで」と近くの柴崎淳を見て笑いを誘う。