ニュース

【松戸FⅠ決勝】新フレームに手応え 内藤「チャンスはある」

 ゴール前で鋭く伸びて準決を2着でクリアした内藤。決勝メンバーをじっと見つめると「小川君の番手で勝負する。小川君が先行して木暮君は中団。早めに番手を取り切ればチャンスはあると思う」。競りで勝機をつかむ覚悟だ。前々回の広島から新フレームを導入。「開催ごとになじんで良くなっているし、今回も日に日に良くなっていく感触がある」と確かな手応えを明かしている。「今は気持ちが充実している。20代の頃に比べ真剣に自転車と向き合えている。決勝も自分のスタイルで結果を出せれば」と力を込めた。