ニュース

【松阪FⅠ初日10R】窓場 手応え十分

 窓場は鳴りを潜めた時期もあったが、ここへきて復調感十分。「前回の小倉の準決もゴールまで踏み切れたら3着はありましたね」。あと一歩のところで決勝進出を逃したが確かな手応えをつかんでいる。一時はひどい腰痛に悩まされたものの「体重を絞って体が軽くなりました。腰への負担もなくなりましたね」と状態の良さをアピール。「最近はレースに集中して挑めているし、大敗も少なくなった」とレースに対しての集中力も取り戻す。予選メインの10Rは中野との近畿タッグ。勝負どころでスパートし好勝負だ。