ニュース

【松阪FⅠ最終日11R S級決勝】稲毛 がむしゃらに

 激戦の準決10Rを制したのはパワフル駆けの稲毛だ。千葉勢の叩きを突っ張り切っての鐘前からの逃走劇は見事だった。「風がきつかったので早めに動かせばみんなが脚を使うと思った。1周半ならペース駆けでも持つと思っていたんで」。早駆けになっても粘りには自信を持っている。「練習では感じが悪いのでがむしゃらに行こうと。(初日のように)迷った時は着が悪いので」と初日の反省を生かしたレース内容だった。決勝は強敵ぞろい。特に永井の存在は不気味だが、唯一ライン3車のアドバンテージを生かし突進だ。