ニュース

【松阪FⅠ2日目12R S級準決勝】特選1着柴崎 納得の表情


 S級初日特選、柴崎は展開のアヤで8番手に置かれるも、そこからの捲り追い込みで前の7車をひと飲み。上がりタイムは10秒9。しかも最終コーナーは前のあおりを受け、外の外を回してこのタイムだ。「グリップを利かせてコーナーの外を回れるのが、調子を測るバロメーター。花粉症がなかったらもっと楽だと思いますよ」と本人も納得の表情。そして「競輪もボートも展開。あとは自分のレースができるかどうかだけ」と準決12Rに向けて気合を高めていた。