ニュース

【GⅠ全日本選抜】兄弟ワンツー目前で 村上義「悔しい2着」

 打鐘前に主導権を握ったのは近畿勢。古性のレースメークを「古性君らしい、これ以上ない走り」と称賛した村上義は、最終2コーナーすぎ番手まくりで吉沢の仕掛けに対応。後ろの村上博が吉沢、平原を立て続けにブロック。兄弟ワンツー目前だったが、新田が全てをのみ込むまくりでゴール。2着に敗れた村上義は「4人でしっかり戦った上で力で持っていかれた。簡単な言葉で言えば悔しい2着。でも、それだけでは片付けられないほど悔しい。みんなに申し訳ない」と目を伏せた。