ニュース

先行クイーンだ! 梅川が女子卒記で初の逃げ切りV

 日本競輪学校第111回生(61人=2人欠場)と女子第6回生(17人)の卒業記念レース決勝戦が23日、静岡競輪場で行われた。男子は在校成績3位の南潤(19=和歌山)が優勝。和歌山登録の卒記チャンプは初めて。女子は在校成績3位の梅川風子(26=東京、写真)が優勝。東京登録の卒記クイーンは石井寛子(2回生)以来2人目。男子、女子ともにきょう24日、卒業式を行い、5月1日に選手登録。7月に各地でプロデビューする。

 先行クイーンの誕生だ。在校成績3位の梅川風子が女子卒記で初となる逃げ切り優勝を飾った。「先行にこだわり続けた。その気持ちの中で最高の結果が出てうれしい」。会心の走りで同期のライバルたちに踏み勝ち満面の笑みを見せた。
 大一番、驚異の粘り腰を発揮した。作戦通りスタートを決めると、打鐘で吉村に叩かれ2番手の好位置に入った。だが、先行魂が体を突き動かす。すかさず主導権を奪い返し、先頭で風を切った。坂口、大久保、加藤がまくりを打つが梅川のペースは落ちない。1周以上を逃げて押し切る圧巻の逃走劇。「自分が持つ距離ではなかった」と振り返るが愚直に逃げ続けた成果が最後の末脚につながった。
 女子生徒史上2人目のゴールデンキャップを獲得するなど、17年続けたスピードスケートで培った脚力はガールズトップクラスに匹敵する。東京五輪候補に名前が挙がるが「まずは競輪で結果を出さないと世界は見えてこない」と言い切る。「デビュー後も先行勝負で、目標とする奥井迪(ふみ)さんを超えられるような存在になりたい」。小林莉子、中村由香里、石井寛子、高木真備らタレントぞろいの東京勢にまた一人、ニューヒロイン候補が加わった。