ニュース

千葉競輪存続へ 運営受託先が修繕費負担提案

 17年度末をめどに廃止を検討していた千葉競輪場(=写真)が一転、存続する方針を固めたことが4日、分かった。同競輪場の運営を受託する「日本写真判定」が、国際規格の自転車競技トラック(板張りの屋内250メートルバンク)を備える多目的競技場を同社負担で建て替えることを提案。老朽化した施設の修繕費の負担が廃止理由の一つだったが、課題をクリアした。千葉市は廃止案と並行して検討を続けてきたが、関係者によると「(存続へ向けて)いい方向に向かっている」という。今後は250メートルバンクで競輪を行うためのルール変更など関係団体と調整していく。

 ▼中村浩士(日本競輪選手会千葉支部長)千葉競輪が存続することを応援する立場。250メートルバンクの実現に向けて全力で協力していく。千葉支部一同、頑張っていきたい。