ニュース

浅井GP祝勝会が開催「GP・GⅠタイトル取れるよう精進」


 昨年末の平塚・KEIRINグランプリ2017で2度目の頂点に輝いた浅井康太(33=三重)の祝勝会が23日、三重県四日市市内のホテルで盛大に行われた。
 式典には師匠であり選手会理事長を務める佐久間重光氏や競輪関係者、ボートレース界から先日SGクラシック(浜名湖)で優勝したばかりの井口佳典、浅井の同級生でもある新田雄史、本紙コラムでもおなじみの矢作芳人・JRA調教師ら約160人が出席。
 式冒頭の祝辞では森智広・四日市市長が「平成30年度も行政、選手が一丸となって四日市競輪を盛り上げていきたい。そのためにも観光大使としてシティプロモーションに大きく貢献していただいている浅井選手には、まだまだ活躍してほしい」とエール。
 浅井は「昨年は中部勢、とくによく連係した深谷(知広)君や竹内(雄作)君のおかげで1年間の反省を生かし、グランプリでは勝ちに徹することができた」と回顧。そして「前回のウィナーズカップで海底から、やっと水面に出ることができた。ファンの皆様には不振だった1、2月ぶんの恩返しができる自信が出てきたし、楽しみ。今回の祝勝会だけで終わることのないようG1、グランプリとタイトルを増やせるように精進します」と答辞。グランプリ連覇に向けての再スタートを力強く誓った。