ニュース

5月2日開幕・GⅠ日本選手権 注目選手紹介⑤ 関東地区注目選手

<関東地区注目選手>
後閑信一(65期=東京)、岡田征陽(85期=東京)、神山拓弥(91期=栃木)
朝倉佳弘(90期=東京)、木暮安由(92期=群馬)、河村雅章(92期=東京)
吉田拓矢(107期=茨城)

 15年11月の当地記念でS級デビュー、決勝に進みタイヤ差2着と大物ぶりを示したのが吉田拓矢(=写真)だ。昨年FⅠで5V。前走松戸FⅠでS級6V目を決め初出場のダービーへ弾みをつけた。GⅠ、GⅡには計7回出場。決勝進出はまだないが、狙えるだけの力は十分に備える。ラインの先頭で積極策に徹して勝ち上がりを目指す。関東の〝タクヤ〟で、もう1人要注目は神山拓弥。安定感が増し、2月取手全日本選抜では約6年半ぶりにGⅠで決勝へ。3月玉野記念では初日特選、2日目優秀と吉田目標から差してワンツー。現在、通算200勝にリーチ。節目達成も意識しつつ大舞台に挑む。
 V候補の一角、木暮安由は今月13日、前橋FⅠ2日目に落車負傷。状態面が気になる。東京勢は4人。河村雅章以外は京王閣がホーム。後閑信一は当地で13年オールスターを制し記念で4V。前々走FⅠでも完全Vを決めた。岡田征陽は昨年の記念でV。安定度が増した朝倉佳弘やまくり鋭い河村も活躍に燃える。