ニュース

5月2日開幕・GⅠ日本選手権 注目選手紹介⑦ 南関東地区注目選手

<南関東地区注目選手>
松坂英司(42=神奈川)、武井大介(36=千葉)
和田健太郎(35=千葉)、近藤隆司(33=千葉)
山中秀将(30=千葉)、松谷秀幸(34=神奈川
渡辺雄太(22=静岡)

 ダービー前最後のグレードレース西武園記念で、松谷(=写真)が4年ぶりにGⅢを制覇。同県の後輩・郡司浩平のGⅡ優勝に刺激を受け、気迫の走りで優勝をつかみ取った。確かな機動力に加え、位置取り、ヨコのさばきもこなせるオールラウンダー。スタイルを完成させ、ダービーの大舞台で一気のブレークを狙う。
 郡司と松谷の優勝は、他の神奈川勢にとっても追い風となるはず。2人も属する川崎、横浜地区のリーダー格で15年京王閣記念の優勝者でもある松坂は「自力で(グレードレースを)勝てる選手が出てきたことは大きい。自分たち(追い込み型)にもチャンスが広がるし楽しみ」と期待感を口にする。ただ、直近成績は落車の影響もあり停滞気味。「乗り遅れている分を立て直せるように」。27日と、きょう28日は松谷、郡司らと川崎でのダービー合宿に参加。「みんなで士気を高めて(本番で)頑張りたい」と決意を語った。
 千葉勢は近藤、和田、武井が西武園記念で決勝へ。2月四日市記念で浅井康太、稲垣裕之らを破りGⅢ初Vを決めた山中も好調を持続。静岡ではダービー2回目の出場で上位進出を目指すヤングGPウィナー・渡辺が勢いを見せるか。