ニュース

5月4日・ガールズコレクション2017京王閣ステージ特集② 石井貴子 ガルコレ連覇へ平常心

 絶好調の石井貴子がガルコレ連覇に挑む。特別レースになると落車、失格、7着と散々だったが、好調な今年の流れそのままに前回高松ステージを制した。「勝てた最大の要因は平常心で臨めたこと。私以外はガールズGPに出ていて、それなりのプレッシャーがあったと思う。いつも通りの競走ができたのが大きかった」と冷静に分析。「ガルコレはGⅠの独特なムードの中、しかも途中から参戦という形でいつもと全く違うレースになるが、自分はきっちり気持ちを切り替えて臨める方なので大丈夫」。自信の口ぶりから心技体の充実ぶりが伝わってくる。

 Vラッシュの好成績にも慢心はない。「高松のあとも優勝が続いて成績はいいが、流れが自分に向いているだけ。もっと脚力をつけたいと常々感じている」と話す。「京王閣では高松のメンバーから石井寛子さんと高木真備さんが抜けて小林莉子さんと長沢彩さんが加わる。児玉さんと私以外はレースの組み立てを失敗したという気持ちがあると思うし、必ず巻き返してくるはず。ただ、1本取れたことで気持ちに余裕はあるし、自分らしいレースができれば」
 賞金ランクはトップを独走中。グランプリ出場へ大きく前進している石井が、さらに成長した姿を見せる。