ニュース

【川崎競輪】復帰即決勝進出 存在感発揮する柳詰正宏

↑復帰戦で決勝に進出した柳詰正宏(写真)

 

 柳詰正宏(31=福岡、写真)が川崎競輪2日目10Rで3着に入り、復帰戦でいきなり決勝に進出した。レースは吉本―柳詰―松尾で打鐘先行。金子―神山のまくりに屈したものの、直線で伸ばした松尾をわずかに抑えた。「復帰戦で上のレースを走れるのは大きい。吉本さんはめちゃくちゃ強かったし、前回(小倉)優勝の先輩(松尾)に番手を譲ってもらったおかげ」と仲間に感謝。ぎっくり腰で6月大宮以来中53日間での参戦。まだ万全のコンディションではないが「ケアすれば上積みはあると思う」。決勝は小川―渡部の強力四国勢の3番手から存在感を発揮する。