ニュース

【向日町FⅠ 6日開幕】強力!地元の稲垣―村上

 京都向日町競輪のS級シリーズ「魅力のふるさとむこう、むこう。賞(FⅠ)」は6日に開幕。大阪府北部地震の影響で休催していた本場開催が再開。シリーズをリードするのは稲垣裕之―村上博幸=写真=の地元コンビだ。これに木暮安由が自在脚で挑む構図だが、和田健太郎のシャープな決め脚も怖い。白熱の3日間だ。

 

 地元の2枚看板の村上博と稲垣が気合で臨む。特に村上は今年のGⅠはすべて決勝進出と好調キープ。まくり脚を備える決め脚は威力十分だ。僚友・稲垣は本来の迫力を欠くが、地元戦とあれば仕上げてくる。機動力で他派をねじ伏せ3月小田原FⅠ戦以来の優勝を目指す。初のS級1班昇級の元砂勇雪にも注目。

 

 地元勢を脅かすのは木暮。中団を取ってのまくりが勝ちパターンだが、自在性も発揮する。6月函館でGⅢ初優勝を飾った和田のシャープな決め脚にも定評。南関のけん引車役が不在だが、まくり脚も温存する点、対抗格へ。加速がついた時の永井はV候補も撃破の爆発力。同県の山口富、笠松らの支援で波乱を呼ぶか。今年FⅠ戦2Vと波に乗る片折も魅力。巧者西川や底力ある安部貴之、差しいい内藤、大森慶一らも注。