あすから向日町GⅢ「平安賞」 レース展望

 向日町競輪の開設67周年記念「平安賞(GⅢ)」は31日から開幕。村上義弘(=写真)、稲垣裕之の地元SS班選手が他地区の強豪を迎え撃つ。昇竜の勢いの太田竜馬が果敢に挑む。総合力の千葉勢の動きも見逃せない。激戦必至の4日間だ。

 毎回、地元の京都勢が圧倒的な強さを見せつける開催だ。今回も村上義、村上博、稲垣の地元選手が気合を前面にシリーズを引っ張っていく。ただ今回はエースの村上義がケガによる復帰戦ということで不安も抱えての走りとなる。
 近畿の自力型布陣も本来なら万全の構えだが、ダービー王の三谷も復帰戦となる。先頭を走る中井にかかる期待は大きい。直前のオールスターで中井は上位進出はならなかったが、持ち味の先行力を発揮して奮戦した。調子に不安はなく、ここもガンガン近畿勢を引っ張っていく。ケガで苦しんだ村上博だが今年FⅠながら2回のVと力を取り戻しつつある。的確なレース運びから、直線では切れ味十分に伸びてくる。

 地元近畿勢を脅かすのが太田-小倉の徳島勢だ。太田は6月にS級初Vを決めるとさらに力はアップ。オールスターでは準決勝に進み、トップクラスに迫るスピード先行を披露した。ここも小倉を連れて強烈なスパートを決める。小倉も前回FⅠVとさえるテクニックは健在だ。徳島勢に加わる香川もいて、この四国ラインの浮上も十分。

 南関ラインも層が厚い。石井のシャープなまくりに和田、伊勢崎がピタリと続いていく。今年GⅠ決勝進出を決めている和田も好調をキープだが、伊勢崎が今年になって急上昇。切れ味抜群に伸びてくる。

 北日本勢もパワフルな布陣となった。永沢、菅田が自力で組み立て、乱戦を誘っての一撃を狙う。菊地が好ガードから抜け出しをはかる。