ニュース

向日町GⅢキーマン小笹隼人 初の地元記念で躍動

 地元記念初参戦の小笹が3Rに地元のトップバッターとして登場した。打鐘から果敢に先行し、番手の高間の好アシストもあって、うれしい逃げ切り勝ちを飾った。

 「緊張しました。勝ちよりも自分のレースをしようと思いました。高間さんが僕の気合を感じてくれて受け止めてくれました」 後ろの先輩に感謝しながらも自分のレースをしての勝利に納得の表情だ。

 「来る前の練習からスピードは出ていました。走る前に(村上)博幸さんから『出し惜しみするな』と言われました」その言葉を胸に強い気持ちでゴールまでしっかり踏み切った。過去には近プロ自転車競技大会のスプリントで連覇を飾るなど潜在能力は高い。

 「壁をぶち破りたい」と二次予選7Rは地元勢川村の前で果敢に仕掛ける。