ニュース

武雄GⅡ共同通信社杯 3着新田「気持ちは入っていたけど空回りした」

 〇…新田は平原がまくって最終3角で横に振ったが内からすくわれる形となり3着に敗れた。「気持ちは入っていたけど空回りしました。振れば合わせられると思ったし、ラインの誰かが優勝できると。内にすごい気配があって吹っ飛んじゃいました」。渡辺がカマして番手からすかさず出なかったことには「素直にタテに踏みたくない気持ちがあって考えた結果の動き。それが敗因になった」と話した。ラインをかばおうとした思いやりが結果的には優勝を逃してしまった。

▼平原康多(2着)2段駆けを超えられず優勝を狙っているし外を行くよりはと(新田の内へ)。悔しい気持ちはあるけど仲間の優勝なのでうれしいです。
▼松谷秀幸(4着)守沢にもらうまでは良かったけど。きつかったです。
▼稲川翔(5着)最後まで前を信頼して走った。
▼村上義弘(6着)凡走にならないようにレースを作りながら相手の出方を見た。(渡辺が)強かった。
▼渡辺一成(落再入7着)村上義さんが強かった。何とか力任せで出られたけど。出ていくのは新田の判断だったけど先輩が駆けているし迷った部分はあったと思う。ケガは心の傷…。
▼村上博幸(落再入8着)体は大丈夫です。兄(義弘)が頑張ってくれた。
▼守沢太志(4着失格)失格は申し訳ない。課題だらけだし反省します。