ニュース

別府競輪管理棟リニューアル 来年からナイター&ミッドナイト開催予定

昨年末から改修工事に入っていた別府競輪の管理棟がこのほど完成。8日17時からは大分県別府市・長野恭紘市長をはじめ関係者40人を迎え竣工式が行われた。リニューアルした管理棟は1階が主に検車場、2階に選手控室、3階にプレスルームがそれぞれ設けられ、いずれも広々としたスペースになっている。内覧会のあとは管理棟改修工事と並行して新たに設置されたナイター照明(12基)の点灯式が行われた。
同競輪では来年からナイターやミッドナイトが開催される予定だ。管理棟及びナイター設備の総工費は約10億円。同競輪はこのあと11日~13日のFⅠ戦(第10回ヤクルト杯)で再スタートを切る。