ニュース

渡辺一成GⅠ連覇 福島・新黄金時代へ

渡辺がGⅠ連覇だ、時代は福島だ。「第26回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(G1)」の決勝戦が9日、前橋競輪場で行われ、渡辺一成(34=福島・88期)が最終ホームからまくった新田祐大をゴール前で差し切って優勝。賞金2890万円(副賞含む)を獲得した。渡辺のGⅠ優勝は8月いわき平オールスターに続き3回目。2着新田、3着は成田和也で福島勢が表彰台を独占した。

渡辺が右の拳をグッと握りしめた。8月・いわき平オールスターに続くGⅠ連覇。昨年2月・久留米全日本選抜のGⅠ初Vをはじめ、GⅠ3勝はことごとく新田に任せたレースだ。「全て新田君の力です。新田君が全部やってくれて(僕は)最後に差しただけ」。ただ、平オールスターを制した時との違いが1つある。新田の内から差したのではなく、外から差し切った。
前に新田、後ろに成田。渡辺は何度も〝安心〟という言葉を使って心のゆとりを表現した。「新田君は安心して前を任せられる。また成田さんが後ろを固めてくれたことで安心して走れた」。思いは新田、成田も同じだった。その結果が福島勢のワンツースリー。GⅠ決勝戦の同県3人上位独占は昨年2月・久留米全日本(1着=渡辺、2着=佐藤慎太郎、3着=新田)以来。GⅠに限れば3戦連続で福島勢が表彰台に複数上っている。「まだまだ福島旋風を巻き起こしていきたい」。渡辺は胸を張った。」
新田らとナショナルチームに所属する渡辺。今後も「本業と競技を頑張りたい」と両立に力を注ぐ。今後の予定は11月上旬にW杯第1戦(ポーランド・プルシュクフ)、GⅠ小倉競輪祭(11月23~26日)、12月上旬にW杯第2戦(英国マンチェスター)、そしてグランプリ2017(12月30日、平塚)を迎える。今年の本業はあと5走(競輪祭4走、グランプリ1走)のみだ。
「新田君との前後はその度にしっかり話して決めていきたい。そして一戦一戦、ダイナミックでスピードのあるナショナルチームらしい走りを見せたい」。新田とのコンビが今年最後のGⅠ競輪祭、そしてグランプリの流れを左右することは確かだ。

♤渡辺 一成(わたなべ・かずなり)1983年(昭58)8月12日生まれの34歳。福島県双葉町出身。県立小高工卒。03年7月プロデビュー。通算818戦232勝。通算取得賞金は4億9250万円。主な優勝は第31回全日本選抜競輪(16年)、第60回オールスター競輪(17年)、第26回寛仁親王牌(17年)。1㍍76、80㌔。血液型A。