ニュース

【函館ナイターGⅢ結果】南潤 デビューから298日 最速GⅢ優勝


(函館スターライトクラウンで優勝した南(左)と、ガールズ決勝で尾崎睦)

 函館競輪GⅢ「スターライトクラウン」は29日、12Rで決勝戦が争われ、111期の新鋭・南潤(20=和歌山)がGⅢ初優勝を飾った。

 レースは南―山本―松岡―小林―鈴木―山下―真崎―大矢―柴田で周回。残り2周で大矢―柴田が上昇して鈴木―山下―真崎が中団へ。その後ろに小林。南―山本―松岡は1度は後方7番手に下げる。打鐘で一気に踏みだした南に合わせて鈴木もスパートして併走に。最終ホームで南が前に出ると鈴木は南の番手に入り山本をけん制、番手を奪取する。最終バックは南―鈴木―山下の順。ペース良く逃げた南が力強く押し切り、最後に鈴木をかわした山下が2着に入った。

 デビューから298日でのGⅢ優勝は史上最速。16年7月26日に函館記念を制した新山響平(青森、107期)の387日という記録を大幅に更新した。南がGⅢに出場したのは今年1月の和歌山記念が初めて。わずか2回目のGⅢ出場で優勝に輝いたことになる。

 殊勲の南は「周りの人からは優勝すると新記録になるとずっと言われてきた。でも、優勝を意識して小さいレースにならないように注意していた。勝てたのは良かったが、これに満足することなくもっともっと頑張っていきたい」と話した。今後の目標についても「高い目標は持たずに目の前の一戦一戦に集中していく」。次回の出走は福井FⅠ(5月7~9日)。

 また11Rで行われたガールズ決勝は尾崎睦(33=神奈川・108期)が制した。