ニュース

【宇都宮FⅠ最終日8R A級決勝】111期吉田 A級初優勝狙う


 111期の吉田昌司(20=茨城、写真)がA級初優勝を狙う。2日目6RA級準決勝は打鐘4角7番手から発進。磯島―相沢に抵抗される苦しい展開だったが、磯島の番手に入るやいなや一気に叩いた。最後の直線で河野の強襲を許したものの粘って2着。4場所連続で決勝に進出した。ただ、特別昇班以降続いた予選、準決の連勝が6でストップし「ちょっと脚が重たかったかな…」と言葉少な。その後は「ショボーン」とプリントされたTシャツにお着替え、落胆ぶりを表現した。「インターネットなどでネガティブなTシャツを探しては買ってます。今までのお気に入りは〝毎日が地獄です〟」とちゃめっけたっぷり。決勝は望月、小林との三分戦。「しっかり体をケアし優勝したい」と意気込んだ。