西武園競輪見どころ

 

(10~12日)=S級戦
本社 選手名 年齢 登録 班別 期別 決手
山崎 芳仁 40 福島 88
大森 慶一 37 北海道 88
岩津 裕介 37 岡山 87
嵯峨昇喜郎 20 青森 113
中本 匠栄 32 熊本 97
林  巨人 36 愛知 91
小嶋 敬二 49 石川 74
江守  昇 44 千葉 73
武田 憲祐 36 神奈川 93

 
 嵯峨―山崎―大森と戦力充実の北日本ラインが本線だ。責任ある位置で決め手を発揮するのがGⅠ9勝を誇る山崎。名古屋オールスターでは準決勝まで進出した。もちろん自力脚は健在で、7月いわき平決勝はまくって今年初V。
 
 大森は春先から絶好調で、とにかく直線でよく伸びる。7月平塚ではS級初優勝をパーフェクトで飾り、オールスターでもGⅠ初勝利を含む2勝を挙げた。7月に特別昇級した嵯峨は小田原記念で①②⑥②とS級でも十分通用。
 
 シリーズリーダーを務める岩津は中本と西日本で連係し、北日本勢に立ち向かう。同地区で、早くも今期2Vの才迫開の存在も心強い。中部勢は小嶋―林巨。地元地区は徹底先行の片折亮太の出来次第で番手・高橋大作の浮上も。