ニュース

【岐阜GⅡ「共同通信社杯」】新田「判断ミス」

 新山が打鐘過ぎに郡司をたたき、最終ホームでは北3車が完全に出切る形。番手絶好となった新田は後ろをしっかりと確認しながら最終バックを通過。ただ「郡司君が止まったのが見えたので(新山を)残せると思ってしまった。山口君の仕掛けも見えていたけど…。判断ミスです」と唇をかむ。ただその悔しさは自身の4着よりも「ラインから優勝者を出せなかった」ことの方が大きい。競輪体質には完全に戻っている。今後の走りが非常に楽しみだ。 

 ▼平原康多(2着)動いて位置も確保できず、脚を使っていたし、あおりを見ながらで山口君を抜けず。いろんな意味で悔しい。
 ▼鈴木 裕(3着)打鐘で離れて郡司君に申し訳ない。レースは見えていた。
 ▼守沢太志(5着)作戦通りだったけど、仕事をした新田君に付いていって内に入られてしまった。
 ▼杉森輝大(6着)難しいレースだった。この経験を今後に生かしたい。
 ▼清水裕友(7着)出たなりに、どこかで合えばと思っていた。力及ばず。
 ▼郡司浩平(8着)飛びつきを狙っていたけど…。脚力が足りなかった。
 ▼新山響平(9着)中途半端なペースになって後ろに迷惑をかけた。セッティングもいまいちだった。