ニュース

【いわき平GⅠ決勝】佐藤 完敗も笑顔の2着

 地元の声援を一身に受けた佐藤は2着フィニッシュ。「ワッキー(脇本)がすごかった。最終3コーナーで前に踏んでいたとしても、ワッキーの優勝に変わりはなかったと思う」と完敗宣言。それでも他地区ながらラインを組んで戦った真杉と平原には「このラインで勝てなかったから仕方ない。2人の気持ちが伝わってきたし、自分も信頼感を持って走れた」と感謝しきり。「お客さんの熱気がすごくて気合が入ったし、いいレースだった。これでグランプリもほぼ確定だしモチベーションが上がりました」と笑顔で締めた。

 ▼守沢太志(3着)あのコースをシビアに行くために1人でやった。慎太郎さんのカベは厚かった。
 ▼平原康多(4着)真杉の先行力なら大差ないと思ったけど…。ワッキーが強かった。2コーナー決め打ちで行くべきだった。悔しいけどすがすがしい負け。
 ▼古性優作(5着)3コーナーで見てしまった。経験不足。状態は一番良かったけど、付き切っても脇本さんを抜けなかったかも。
 ▼荒井崇博(6着)脇本君のスピードが違った。何もしてないのに1コーナーでドリフトした。
 ▼清水裕友(7着)1コーナーでバックを踏んで見てしまった。脇本さんのレベルが1、2枚違った。
 ▼東口善朋(8着)前の2人がどんどん小さくなって…。話にならない。力の違いを見せつけられた。
 ▼真杉匠(9着)脇本さんの脚が違い過ぎた。怖くて踏んでしまった。

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×