ニュース

【京王閣FⅠ最終日11R】柿沢200勝 S級初Vへ勢い

 京王閣準決勝9Rを抜け出した柿沢大貴(30=長野)が通算200勝を達成した。「特に意識はしてなかったけど、100勝目が立川だったし東京に縁があるのかな。100勝は2年半で達成したが、それ以降は長かった」と感慨深く語った。
 
 節目の勝利を飾った一戦はまさに死闘。島川に離れた大塚の追い上げで選手同士が激しく体をぶつけ合った。柿沢は目標にした小林と連結が離れてしまったが、最終コーナーで空いた狭いコースを突いて強襲。「最後は大塚さんに体をぶつけると持ってこられるので、当たらないように踏んだ」。納得顔で冷静なコース取りを振り返った。
 
 「体は動いている」と好仕上がりを実感。メモリアル達成の勢いで悲願のS級初Vを手にしてみせる。