ニュース

【稔真チェック】佐世保FⅡ最終日

新山マークから守沢有利に(12R)

 豪華メンバーが激突した初日の優秀を振り返っていこう。10Rは大方の予想通りに新山が先行。末脚も良く北日本ワンツーが決まった。古性や郡司がその3番手を狙ったが、(山田)庸平がうまく内を突いて3番手を奪ってみせた。最後の末が甘くなってしまったのはもったいなかったが、動きは良かった。11Rは中川が先行態勢に入ったが、単騎で多少ペースを緩めたのもあるだろう。動きがいい太田がタイミングを逃さずに行った。最近、連係実績がある松浦が後ろで安心して仕掛けられたのもあるかもしれない。12Rの渡辺(雄太)の先行はあまり予想してなかった。3番手に入った清水はちょっと案外だったかな。諸橋は平原が不発と見るや、さすがの突っ込みだった。

 さあSPR賞。新山がライン3車で後ろは守沢と成田。気持ちよく駆けていくのではないか。その4番手を獲るのが古性なのか吉田(拓矢)なのか。太田も好調だが、新山の逃げをそう簡単には捲れないだろう。新山に乗る守沢が有利で成田との❺=❾。古性への❺❶と、諸橋が突っ込む❺❽。追い込み選手が有利なレースになるのではないか。

 ワンダーステージは11Rの九州コンビに注目したい。中川は初日に先行態勢に入る気持ちになったのは調子がいい証拠だろう。庸平も動きが良さそうで❷=❹が狙い目だ。(本紙評論家・吉岡稔真)

×