ニュース

【別府GⅠ全日本選抜】検車場から(8日)

 8日9・57 開会式で地元の大塚が選手宣誓を行う。

 10・51 1Rで2着に逃げ粘った鈴木竜。「これで満足はできない。決勝まで行きたい!」。

 11・20 2R、単騎戦で4着に入った成清が「良かった。もう、おなかいっぱい。明日(二次予選)は3着狙いで」。まだまだどん欲です。

 12・45 50歳の神山雄は5R4着で二次予選へ。「勝ち上がれて良かった。脚はいっぱいだったけど」。鉄人はまだまだ健在だ。

 13・17 稲垣は6R5着で一次予選敗退。「4番手を取って、2角からまくろうと思っていたけど…。これが今の力です」

 14・03 5R3着の山崎芳がレースを振り返る。「まくろうと思ったら前で接触があって…。内か外かどちらに転ぼうか迷ったほど」と苦笑い。

 14・15 地元の大塚は8R4着でなんとか一次予選クリア。「緊張感がやばい…」。近くに居合わせた香川が「とりあえず、いったん落ち着け」と声をかける。

 15・31 特選10Rで逃げて3着に粘った太田は「原田(研太朗)さんをお手本にして逃げました」。7Rで逃げ粘った先輩を引き合いに出す。

 16・52 中川がスタールビー賞の共同インタビューで「中四国勢の後ろから」とコメント。

 16・55 「中川君に任せる」の佐藤慎は、中川のコメントを聞いて「えっ?」と席を立つ。

 17・01 異例のインタビューやり直しで中川が「自力」、佐藤慎は「地元地区で燃えている中川君へ」。