ニュース

【卒業記念レース】松本 兄に続く

 捲りが届かず悔しい銅メダルとなった松本秀之慎は「ペースが凄く速かった。行けるタイミングがなく流れ込みになった。周りの人たちと力の差を感じた」と敗因を語り唇をかんだ。競輪一家に育ち兄はS級で活躍する秀之介(117期)。「兄とは常に一緒に練習している。いい環境です。切磋琢磨(せっさたくま)して頑張りたい」。松本兄弟でGⅠ決勝を走ることを夢見てさらなるパワーアップに励む。

×