ニュース

【取手FⅠ最終日11R】伊勢崎 気配ひと息も穴党注目

 取手準決勝9Rで3着に入り決勝切符をつかんだ伊勢崎の表情が険しい。「手応えがないというか重い。調整失敗です」と切り出した。続けて準決の走りを振り返り「まくれそうな感じだったのに仕掛ける度胸もなかった。反応が良くない」と顔をしかめた。

 

 それでも22年間の選手生活で軌道修正する術は心得ている。「決勝はイチかバチかで朝練習をせずに走ってみる。マッサージも取り入れて」と自分の勘を信じて体調を整える。

 

 実戦気配はひと息でもオミットできないのが伊勢崎。松戸ダービー一次予選では1着で3連単22万円オーバーを演出した元祖大穴メーカーだ。南関ラインの松坂を目標に抜け出すシーンは一考の余地あり。穴党注目の1車になる。