ニュース

【名古屋FⅠ最終日12R】吉本 7車では初決勝

 名古屋S級準決勝10Rは赤板で前に出た小川を、打鐘4コーナーで川村が叩き返す展開。前の小川が3番手の内で詰まる流れとなり、吉本は2コーナー過ぎに自力を発動。「自分の姿で(小川)賢人は後ろの仕掛けが見えなかったのかも。宇都宮でちぎれているので余裕がなかったし、踏むのも少し早すぎた。気持ちいい勝ち上がりではない」とレース後は笑顔を封印。
 
 意外にも「7車立てでは初めて」となる決勝戦(12R)。「賢人の気持ちを無駄にしないように」と九州決着を目指す。